toggle
2017-10-29

栄養チャージ☆からだを労わるパンプキンスープ

高校3年生の息子が大学受験を控えていよいよラストスパート!
先日保護者説明会もあり
親子で受験を頑張らないといけないのだな~と改めて思いました。

 

・・・といっても、母親として出来ることは

栄養のあるご飯やお弁当を作ることと、通学時の駅までの送迎くらい。

 

私も気持ちを引き締めて、意識して栄養のあるものを作ってサポートしていこうと思いました。

 

これから冬にかけては、しっかりと栄養補給をして『腎』を養う必要があります。

 

でもその前に

 

しっかりと栄養を吸収できるように『脾(胃のあたり)』がきちんと働くように
整えていくことも大切です。

 

『脾』に良い食材として かぼちゃがあります。

今回はかぼちゃを使うことと
ごはんは『気(エネルギー)』を養うので入れてみました。
とろみもつけてくれますね。

ネギはからだを温めてくれますので
しっかりと『脾』が働いてくれるようにあえてネギを使いました。

 

この1杯のスープが
からだがしっかり働いてくれるようにサポートしてくれますように。

 

*栄養チャージ☆からだを労わるパンプキンスープ*

【材料】(2~3人分)

かぼちゃ         200g

ごはん          40g(大さじ2くらい)

豚バラ肉         40g

ネギ           10㎝

にんにく(入れなくても良い)   1かけ

チキンブイヨン
(水+コンソメの素1/2個) 200ml

牛乳           100ml

バター          大さじ1

塩            小さじ1/2弱

ガラムマサラ(あれば)  少々(2振り)

かぼちゃの種(飾り用)  お好みで

【作り方】

①かぼちゃを3~4㎝の厚みに切る(皮はむく)
ネギは5㎜くらいの厚さに斜め切りにする。
豚バラ肉は3~4㎝幅に切っておく。

②鍋にバターを入れて溶かし、にんにく、ネギ、豚バラ肉を入れて軽く炒める。

③②にかぼちゃを入れて軽く炒めて、ごはん、チキンブイヨン(または水+コンソメの素)を入れて蓋をして15分ほど煮込む。

④③をブレンダーまたはミキサーでペースト状にする。

⑤④を鍋に戻し牛乳を入れて混ぜる。(弱火にかける)

⑥塩を入れて味を整え、最後にガラムマサラを入れる。
*ガラムマサラは入れなくてもよい。お好みで。

⑦スープを器に入れて、かぼちゃの種を飾る。

*ガラムマサラは入れなくてもよいですが、かぼちゃのスープが甘くておかずにならないと思う場合は
ガラムマサラを入れたほうが美味しく食べることが出来ると思います。

 

        スポンサードリンク
関連記事

コメント2件

  • より:

    豚バラ肉も一緒に煮るんですね!
    お米も②で加えたら良いのでしょうか?

    一般的なかぼちゃのポタージュって、甘さが際立ってて
    イマイチ好きではないのですが
    このレシピならコクが出ておいしそう

    今日はハロウィーン
    息子の学校の給食メニューがかぼちゃコロッケ&かぼちゃプリン
    なので、我が家の夕食は敢えてかぼちゃを外しましたが
    また近々作ってみたいと思います( *´艸`)

    • fleurage より:

      晶さん、コメントありがとう♡
      ごはん(残り物でいい)は③のスープを入れる時に一緒に入れて煮てくださいね(*^-^*)
      そうそう!この1杯で栄養補給出来るようにって思って、豚バラ肉も入れて作りました。

      イマドキの給食は、季節感があっていいね( *´艸`)
      かぼちゃは、『脾』を元気にしてくれるので晶さんにオススメだと思います!
      簡単だから、作ってみてね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です