toggle
2018-11-15

風邪やのどが痛いときにオススメのハーブティーは?

この記事では、風邪やのどが痛い時にオススメのハーブティーについてご紹介します。

風邪の引き始めで喉が痛いときって、早く治したいですよね?
でも、症状がひどくないのにお薬を飲みたくないなと思いませんか?

そんな時に役立つのがハーブなのです!
そして、そのハーブを簡単に取り入れる方法がハーブティーです。

どんなハーブがいいの?

ペパーミント

清涼感のある香りは、ℓ-メントール成分です。
このスーッとする清涼感のある香りが、鼻づまりのつらい症状を和らげてくれます。

マロウ

ウスベニアオイとも呼ばれるハーブです。

ハーブティーにするとトロっとした粘液質のあるハーブです。
この粘液質が、のどの粘膜を保護して
のどの痛みや咳などの不快な症状の緩和に役立ちます。

 

ローズヒップ

これは、ハマナスの実で、日本の薔薇の実(ローズヒップ)です。

炎症をおこしている時には、ビタミンCが消耗されやすいので
消耗したビタミンCを補給するのにオススメです。
不快な症状でイライラしたり、ストレスがあるときにもビタミンCは消耗してしまうので
このような時には、ローズヒップはオススメです。

ローズヒップは、ビタミンCがレモンの20~40倍も含まれています。
そして、果物などのビタミンCは熱に弱いのですが

ローズヒップに含まれるビタミンCは
熱でも壊れることがないので
ハーブティーにブレンドして飲むと良いですよ。

 

エルダーフラワー

『庶民の薬箱』として、ヨーロッパでは古くから親しまれていたハーブです。
発汗作用や利尿作用があるので
熱が出てしまった時に、

汗をかいて熱を下げるのに役立ちます。

また、くしゃみや鼻水などの不快な症状の緩和にも役立ちます。
このエルダーフラワーは、アレルギー症状のくしゃみや鼻水にも役立つのです。

本当に『庶民の薬箱』として役立つハーブです。

 

リコリス

生薬では『カンゾウ(甘草)』とよばれています。
『カンゾウエキス』などとして、いろいろな日用品にも配合されていますね。

独特の甘みのあるハーブです。

消炎作用や去痰作用があるので
のどの痛みや痰が絡んでつらいときに役立ちます。

 

エキナセア

『天然の抗生物質』として知られているハーブです。
北アメリカのインディアンが大切に使用していたハーブとしても有名です。

今では『免疫力を高めるハーブ』として、

科学的にも証明されています。

風邪やインフルエンザなどの感染症予防のために使用したいハーブですね。

 

飲みやすくブレンドしたハーブティーは?

風邪やのどが痛いときにオススメしたいハーブティーは

*風邪やのどが痛いときに役立つハーブを飲みやすくブレンドしたハーブティー

『ハッピーブレンド』

*風邪やインフルエンザなどの感染症予防のためのハーブティー

『ママのおまじない』

 

ご注文はこちらから▶

ハッピーミントブレンド
ママのおまじない

関連記事>>>免疫力アップに役立つハーブ
関連記事>>>ハッピーミントブレンド【お客様のご感想】

ハーブティー専門店 Fleurageのハーブティー
当店の定番ブレンドハーブティーはこちらから


『ハーブ薬局屋さんの美味しいハーブティー』はFleurage店主おすすめの配合の定番ブレンドハーブティーです。お客様の気分に合わせてで気軽にお選びください。


貴方に合わせたオリジナルハーブティーをフルオーダーで調合致します


専用チェックシートで現状を診断し、必要なハーブを調合。体が欲していて、美味しいハーブティーをお手元にお届けします。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

        スポンサードリンク