toggle
2017-07-09

南仏プロヴァンス ハーブの旅 ⓶ ~ゴルド・セナンク・ルシヨン~

プロヴァンス3日目は車をプライベートチャーターして
日本人ガイドさんの案内でアヴィニョン方面へ。

 

フランスには『美しい村』といわれている村々があります。
この日は、その中のいくつかの村を巡りながら目的地まで行きました。

 

まずはルールマランへ。

 

 

この村は、なんだか品がある感じでした。

 

チーズにいろんなハーブがまぶしてありました。見た目が可愛い♥

ポプリのお店。

キャンドルのお店。

イチジクやパンと一緒にハーブの苗が売られていました。

雑貨屋さん。

 

 

『リンデン』の樹を発見!!       小さな黄色い花が咲いています。

 

ルールマランの村にさよならをして次に向かったのは

『ゴルド』の村。

フランスの『最も美しい村』に認定された村です。

 

『ボリー』の村。

石だけで作られた家々が立ち並ぶ村。
外の塀も石だけで作られていました。

 

セナンク修道院。

今まで本などでよく見ていたこのラベンダー畑が目の前に。

『本当に南フランスに来たんだな~』って実感。

 

『ルシヨン』の村。

黄色顔料の原料となるオークルが採掘されていた土地です。

 

このオークルを使って建物が造られていて、
建物の外壁がピンクの濃淡で彩られて可愛らしい雰囲気の村です。

 

この日の目的は

『農家レストランで素朴なハーブ料理を味わう』

 

農家レストランに到着。

自家製の食前酒は数種類ある中から選ぶことが出来ます。
私はラベンダーをワインに漬け込んだ食前酒を選びました。

ほんのり甘くて、口の中にラベンダーの風味が広がりました。
飲みやすくて美味しかったです。

 

 

前菜と鴨の煮込み。
すごいボリュームで全部は食べきれませんでした。

ヤギのチーズ。
エルブドプロバンス、『サリエット』というハーブがまぶしてありました。

ヤギのチーズにイチジクのジャムを乗せながら食べても美味しかったですよ。

ヤギのチーズはクセがあると聞いていたのですが
フレッシュだったので、臭みがなくとても食べやすくて美味しかったです。

 

デザートとハーブティー。

『レモンバーベナ』と『サクランボの種と茎』!!

こちらの人たちは、利尿作用を期待して
サクランボの種と茎をハーブティーとして飲むのだそうです。

 

関連記事
Comment





Comment