toggle
column

出張☆おもてなし薬膳料理

昨日はご依頼を受けて
おもてなし薬膳料理を出張で提供させていただきました。

 

アロマサロンのオープンパーティー。

 

お世話になった方へ薬膳料理でおもてなしをしたい
ということでご依頼していただきました。

 

お祝い事だからやっぱりちらし寿司!

薬膳的な要素を入れてお作りしました。

 

秋の養生は『潤い』

 

乾燥のこの時期は
からだを潤すことが必要です。

 

今回のメニューでもからだを潤すための食材を使ったり
いろいろな工夫を取り入れて
メニューを作りました。

 

オーナー様のお世話になった方たちへの
感謝の気持ちを

 

お料理という形に表して・・・

子供が喜ぶ☆簡単チーズフォンデュ☆

今週末に薬膳のおもてなし料理の出張お料理に行くので
ここ数週間は、メニュー決めやレシピ作りに追われていました。

 

大人13人とお子様が2人のホームパーティー。

 

大人用のおつまみになるようなものがメインで
そして薬膳的な要素も入れつつ
おめでたいパーティーなので
おめでたく!

 

でも

 

お子様が喜ぶものも何か入れたいな・・・

 

我が家は息子たちが社会人、大学生、高校生と大きくなってしまいましたが
子供たちが小さい頃は
クリスマスというといつも大体定番のメニューでしたが
子供たちのリクエストで
子供たちが喜んでテンションが上がるものを
クリスマスの食卓に並べていました。

 

その中のひとつが

 

チーズフォンデュ。

 

パンやお野菜をピックに刺して
とろーりとろけるチーズをたっぷりとつけながら食べるのが楽しかったのでしょうね。

 

そんなことを思い出しながら
今回は

 

大人はバーニャカウダ

お子様は同じお野菜をチーズフォンデュにして

 

食べていただくメニューにしました。

 

チーズや牛乳などの乳製品はからだを潤してくれますし
一緒に添えるお野菜を秋の養生のお野菜にすれば
立派な薬膳料理になりますよ。

 

少しの量をレンジでチンするだけなので
お仕事をしている忙しいママさんにも
簡単に作れるのではないかなと思います。

 

 

 

*子供が喜ぶ☆簡単チーズフォンデュ☆*

【材料】(1~2人分)

とろけるチーズ     20g

牛乳          25ml

片栗粉         小さじ1/2

ナツメグ(あれば)   少々

塩コショウ       少々

お好みの野菜(ジャガイモなどは、ゆでるまたはレンジで加熱して皮をむいておく)

【作り方】

①耐熱容器(150ml容量のもの)にチーズ、牛乳、片栗粉を入れて軽く混ぜる。

②レンジで50秒加熱する。

③取り出して、チーズが溶けるようによくかき混ぜる。

④再びレンジで20秒加熱する。

⑤チーズが溶けるようによくかき混ぜる。
(チーズが溶けない場合はもう一度20秒レンジで加熱する。)

⑥取り出してナツメグと塩コショウを入れて味を整える。
*塩コショウはしなくてもよい。お好みで。

⑦茹で野菜やスティックきゅうりなどのお好みの野菜を添える。

*耐熱容器は少し深めのものでないとレンジで加熱した時に、牛乳がふきこぼれるので注意してください。

 

2017-10-18 | column

風邪予防に役立つハーブティーは・・・

これからの季節は

エキナセア入りで
免疫力を上げて風邪予防に役立つ

 

ママのおまじない』がオススメですよ。

エキナセアは

北アメリカの先住民が大切にしていたハーブです。

伝染病や毒蛇に噛まれたときに活用していました。

 

現在では科学的な研究が進んで

 

免疫力を高めるハーブ』として

 

その効果が立証されています。

 

『ママのおまじない』のご注文はこちらから▶

からだぽかぽか里芋のポタージュ

秋が深まってきましたね。

急な気温の変化で体調など崩されていませんか?

 

晩秋の食養生は身体を温めてしっかりと潤していきましょうね。

 

寒いこれからの季節に出回るようになる里芋を使った
ポタージュスープを作ってみました。

 

 

外から帰ってきて冷え切ったからだを
あったかいスープでからだを温めてくださいね。

 

 

*からだぽかぽか里芋のポタージュ*

【材料】(2人分)

里芋      150g

ネギ      5㎝くらい

生姜      1/2かけ

チキンスープ  200cc

牛乳      100cc

塩       ひとつまみ

黒コショウ   少々

ローリエ

 

 

【作り方】

①鍋に油を入れて、千切りにした生姜と斜めに切ったネギを入れて炒める。

②鍋に1~2 ㎝幅に切った里芋とチキンスープを入れてローリエを入れて鍋の蓋をして、
里芋が柔らかくなるまで煮込む。(15 分くらい)

③里芋が柔らかくなったら、ローリエを取り出しミキサーでペースト状にする。

④牛乳を入れて火にかけて、煮立たせる。

⑤味をみて、塩を加える。

⑥器に盛り、黒コショウをちらす。

 

からだを潤す~美肌にも健康にもオススメムース☆

 

めっきり寒くなりました。

季節はすっかり秋ですね。
秋って空気が乾燥しているので
体の中も乾燥しやすくなっています。

体の中の乾燥がひどくなると・・・

喘息
肌や髪の乾燥
抜け毛

頭痛
風邪・・・

などの不調が出やすくなります。

そんな秋には体を潤してくれる食材を積極的に摂りたいですね。

 

体を潤してくれる食材の中から・・・・

『リンゴ』と『白きくらげ』

『白きくらげ』ってあまりお料理に使わない方も多いのでは?

乾燥した白きくらげをもどしてサラダに入れるくらいしか思いつきませんよね。

 

そんな『白きくらげ』と『リンゴ』を

子供さんでもおやつに食べてもらえるようにムースにしてみました。

*白きくらげとリンゴのムース*

*材料(3~4人分)

白きくらげ(戻したもの) 40g生クリーム        100ml

リンゴ          1 個分

砂糖           50g

牛乳          100ml

粉ゼラチン        3g(水 大さじ2でふやかしておく)

【作り方】

①リンゴをすりおろしておく。

②白きくらげをたっぷりの水で15 分ほど戻し、石づきを取り除く。

③②を熱湯で約10 分ゆで、水気をふき取る。

④牛乳を温めて③の白きくらげと合わせて滑らかになるまでミキサーで混ぜる。

⑤生クリームに砂糖をいれてとろりと泡立てる。

⑥④を鍋に入れリンゴのすりおろしを入れて温めて、水でふやかしたゼラチンを入れる。

⑦⑥を人肌まで冷ましてから泡立てた生クリームを入れて混ぜる。

⑧⑦を器に注ぎ分けて、冷蔵庫で冷やす。

レシピブログに参加中♪

バジルソースが美味しいカマンベールチーズコロッケ

大好きなバジルソースを使ってコロッケを作ってみました。

お庭のバジルもだんだん黄色くなってきたので
もうそろそろバジルの季節も終わりですね・・・

お庭のバジルを大量に収穫してバジルソースを作りました。

バジルソースって本当に美味しくていろいろなお料理にちょい足しすると
いつものお料理が本当に美味しく変化しますよね。

普通に食べても美味しいカマンベールチーズコロッケに
バジルソースをちょい足ししてみました。

 

**バジルソースとカマンベールチーズコロッケ**

*材料(俵型コロッケ10個分)

ジャガイモ      450gくらい(皮をむいて)
玉ねぎ        1/4個(75gくらい)
カマンベールチーズ  1箱
塩コショウ      少々
バジルソース     適量
小麦粉        適量
溶き卵        1個
パン粉        適量
揚げ油

【バジルソース】

バジル      15g
クルミ      1粒
オリーブオイル  大さじ11/2
粉チーズ     10g
塩        ひとつまみ

【作り方】

①カマンベールチーズを10等分しておく。
②皮をむいたジャガイモを2㎝幅くらいに切り、水を入れた鍋に入れてゆでる。
③玉ねぎはみじん切りにして、オリーブオイルを引いたフライパンで炒める。
④ゆであがったジャガイモを潰す。
⑤④に③を入れて、塩コショウをする。
⑥⑤を10等分する。(1個50gくらい)
⑦小分けした⑥の中央にくぼみを作り、カットしたカマンベールチーズとバジルソース小さじ1/2ほどをくぼみにのせて包む。⑧形を整えた⑦に小麦粉、卵液、パン粉の順につけて、180度に熱した油で揚げる。
⑨ソースはつけなくても美味しいが、トマトソースを添えても。

1 2 3 4 5 9