toggle
2017-07-09

南仏プロヴァンス ハーブの旅③ ~ラベンダー~

南フランス4日目は『ラベンダーを満喫する旅』

この日も前日と同じ日本人ガイドさんの運転する車でアヴィニョンへ。

 

ハーブやアロマが好きなガイドさんだったので
ラベンダー畑に向かう先々で車を止めて
ハーブが好きな私のために現地のハーブをたくさん見せてくださいました。

チコリの花が道路際にたくさん咲いていました!!
雑草のように。

水色の花が可愛かったな。

ポピーの花。

野生のタイム。コモンタイムより優しい香りでした。

ヤギのチーズの上に乗っていた『サリエット』
南仏では当たり前のハーブみたいです。

ガイドさんは、山登りをしたときに『タイム』やこの『サリエット』を摘んで
エルブドプロバンスを作るそうです。

この『サリエット』嗅いだことがある香りなんだけれど
なんのハーブに似てるのかな・・・?

 

自生のヤロウ。             自生のソープワート!!

本当にいろんなハーブが生えています。

マロウも自生していました。
背丈が低く、本当に雑草みたいにあちらこちらに咲いていましたよ。

 

今日の一番の目的『ラベンダー』

ラベンダーは、標高の高いところで栽培されています。

 

山道を車で上っていくと至る所にラベンダー畑が見えてきました。

 

 

 

 

見渡す限り一面にラベンダー。

今年は6月に入ってから暑い日が続き、もう満開でした。
いつもは7月の末くらいまで見頃らしいのですが、今年はもうそろそろラベンダーの収穫が始まるそうです。

 

たくさんのラベンダー畑を楽しんだ後は
蒸留所を見学させてもらいました。

 

これから蒸留されるラベンダー。     この大きな釜で蒸留されるのだそうです。

 

蒸留所を見た後は、シャトー・ヴァル・ジョニアス庭園へ。

 

アリス・イン・ワンダーランドに出てきそうな景色でした。

 

 

午後からはエクスアンプロヴァンスに戻り、再び街を散策。
もう一度行きたかったハーブティーのお店へ。

場所がわからなくてやっとたどり着きました。

 

今度はホットハーブティーを注文しました。

お兄さん、覚えててくれた!!

スペシャルドリンクをサービスしてくれました。

 

夜は、『Le Fomal』へ行きました。

予約をしていなかったけれど、ちょうどキャンセルが出たからと
店内に案内していただけました。

しばらくすると、お店はお客さんでいっぱいに。

前菜

 

メインのお魚とお肉

チーズ

 

デザート

 

盛り付けが繊細で、味も日本人好みの味でした。

 

最高に美味しかったです!!

関連記事
Comment





Comment