toggle
2017-05-18

ハーブ×薬膳 お料理教室 梅雨の食養生  荒尾市の受講生様

70代のご受講生様が『ハーブ×薬膳』お料理教室にお越しくださいました。

 

私がブレンドしたカレースパイスで

タンドリーチキンを作りました。

スープは、とうもろこし。

そして、かぼちゃと小豆の煮物など・・・。

かぼちゃと小豆の煮物って

普段の食卓に何気なく登場するおかずですが

実は、梅雨の時期の養生に役立つおかずなんですよ!

かぼちゃ

梅雨の時期に傷めやすい『脾』の働きを強くしてくれます。

小豆

梅雨時期に身体の中に溜まりやすくなっている『水』を

身体の外に排出しやすくしてくれます。

そんなお話をしながら

お料理を作り

試食をしていただきました。

デザートは

パンナコッタの薔薇ジャム添えですバラきらきら

季節によって身体の状態って変わります。

そして、身体の健康のために気をつけることも

季節によって違うんですよ。

お野菜などにも

身体を健康に導くための役割があるんです。

栄養学とは違う

中医学の考え方に基づいた

食材のこと

身体のこと

知っていると

日々の健康づくりの役に立ちますよ。

薬膳お料理教室についてはこちら▶

 

関連記事
Comment





Comment